フィジカル強化と身体機能の改善。
圧倒的なパフォーマンスは身体という土台の上に成り立つ。

ベースボールコンディショニング福岡ではスポーツ科学的知見を基盤にして、そこから発展させた独自の視点からトレーナーとしてのサポートを行っています。私たちのトレーニング&コンディショニング指導は、効率的な理にかなった身体の動作を指導し、選手が本来持つ力を最大限に発揮できるようサポートすることを目的としています。そのため、指導の範囲はトレーニング指導やケアのみならず、ピッチングやバッティングのフォーム、立ち方、歩き方といった基本的な身体の動作にも及びます。また、選手に身体の知識を身に付けさせていくことで、指導者の意図を科学という別の側面から選手に伝え、さらに深く理解させることができます。選手がより効率的に技術を習得するために、指導者がより効果的な指導を行う、そのサポートできるよう全力で取り組んでいます。

ベースボールコンディショニング福岡は科学的知見や運動学的知見を基に最高のパフォーマンス発揮を導く施設です。

トレーニング指導と聞くと、ウェイトトレーニングを連想する方が多いと思いますが、より大きな力を発揮できるようになると競技において優位に立つ事ができます。そのためにより大きな体を作る、筋肥大を起こす、その目的のためにウェイトトレーニングは優れた方法の一つです。しかし一方で、ウェイトを始めてから体が動かしにくくなった、柔軟性が落ちた、という声も聞かれます。では、本当にこのような弊害はウェイトトレーニングがもたらした物なのでしょうか?確かに、体の構造から見ると、ウェイトトレーニングは問題となる側面もあります。大きい力を発揮しよう、体を大きくしよう、ということばかりに注意を払ってしまい、筋肉のバランスが崩れ、様々な問題が生じたりすることがその代表例だと思われます。このようなウェイトトレーニングの弊害の多くは、ウェイトトレーニングそのものに問題があるのではなく、個々のトレーニングが、どのように身体が動いてどのような影響が出るのか、バイオメカニクス的に正しい知識が足りないために起こってしまうことが殆どです。
ベースボールコンディショニング福岡ではトレーニングで、筋肉、パワー、筋持久力、スピード、バランス等の向上に取り組み、単に力発揮の大きさを鍛えるのではなく、状況に応じて適切に筋活動をコントロールする能力も鍛えていきます。現在の持っている筋力、可動域、柔軟性、身体の使い方、フォームなどをどれだけ理解し、又、どれだけ正しく使えているか、どのくらい身体のケアが出来ているのかを把握する。この作業を実績・経験豊富な専門知識を持ったトレーナーがトレーニング指導・コンディショニングの提供していきます。

感じ、考え、そして何よりも楽しむ野球を。

ENJOY BASEBALL!

これまで行われてきた野球選手育成の方法、指導者による経験則的な指導理論をまとめ、さらに科学的な視点から野球を分析し、より正しい情報を選手とともに共有し、多くの野球人により良い情報、より良い指導法のもとに心から野球を楽しんでもらうことを大きな命題と捉えております。
そのためにも1番重要であるのが野球を「好きであること」「楽しんでいること」。
これが上達の原点になりますし、まずはその部分を忘れてはいけないと思っております。どんなスポーツでもそうですが、「なんのためにやるのか」。好きだからこそ、頑張れるし上手くなりたいと向上心を持って取り組めるものだと思います。
ベースボールコンディショニング福岡では、まずは楽しんで野球ができるように怪我のない身体つくり、上達のための動き作りを基本に様々な視点から「野球人」をサポートしていくことをコンセプトとしています。

科学的に考え、感じる野球を。

これまでは、大学で行なわれているような研究は科学を前提にしている為に、研究しやすいものだけを抽出し対象にすることがあった為、現場の意向とはずれが生じておりました。
また、指導者は指導者で自分の理論にこだわってしまい、科学的な部分に視点を置こうとしませんでした。しかし時代は変わりました。
現在ではテクノロジーの発達や測定機材の性能、そしてソフトウェアの改良は日進月歩であり、ずいぶんと現場に役立つような研究ができるようになってきたのです。
これらの情報を多くの野球人に発信し、さらに発信するだけではなく、その情報をチーム、あるいは選手一人一人に対しより適した形で提供し、成長の過程を評価していくことが「より良い選手育成」のカギになるでしょう。

楽しむことの重要性

怪我をしない身体作りを。

もっと高いレベルへ。

生涯現役プレーヤー。

フィジカル、ムーブメント、ニュートリション、コンディション。
トレーナーだからこそできるサポートの数々。

私たちは主にアスリート向けにその選手に最適なトレーニングを提案、指導しています。例えば「より鋭く動く」という目的のためには、そのためのトレーニングを行い、「安定性を上げる」ためには、それに適した細かい筋肉の力を強めるトレーニングを行わなければなりません。そして、そのように目的に沿った正しいトレーニングを行うためには、やはりバイオメカニクスの正しい理解が必要となってきます。
そのため、私たちはバイオメカニクスという視点からトレーニングを考え、指導を行っています。体を大きくするためのウェイトトレーニングに限らず、それぞれの目的に沿った様々なトレーニングを指導します。
またコンディショニングの面からは、痛い部分や気になる部分だけを施術するのではなく、体の構造からどこに根本的な原因があるかを突き止め、身体が最も良いコンディションとなるように導いてあげることを目指しています。根本的な原因を解決しないままにすると、いつまでたっても悪い部分が循環している状態となり、一時は痛みが取れるかもしれませんが、本当に改善したとは言えない状態です。こういった考え方は巷で行なわれているコンディショニングとは少し違った我々の特徴だと考えております。

PAGE TOP