パーソナルトレーニング指導(フィジカル強化)

フィジカル強化

筋力の強化こそが、最終的なパフォーマンスアップには必要不可欠な要素であり、筋力強化なくしてはパフォーマンスの向上は期待できないと思います。

「野球のパフォーマンスの向上に特化した筋力トレーニング」というものはありません。

お客様と話している中でもよく出るのですが、「スポーツの動作に準じたようなトレーニングをしたほうがいいのか」という問題があります。この問題ですが、我々は「パワーアップを目指したストレングストレーニング」と「技術・スキル・いわゆるスポーツの特性にあわせた動作トレーニング」は分けて考えるべきだと考えています。つまり、本質的にはパワーアップを目指したトレーニングを行うためには、しっかりと負荷量をかけられるストレングストレーニングを行う必要があり、大きな負荷をかけられない、あるいは負荷をかけるとケガの発生にもなりかねないような競技特性の動きのなかでのトレーニングは、パフォーマンスを上げるための優れたトレーニングには成り得ないということです。ですので「スポーツパフォーマンスの向上に特化した筋力トレーニング」というのはないとお答えしています。実際のところ、筋力トレーニングはあくまで「筋力向上」を目指すものであり、スポーツ動作とは分けて考える必要があるということです。

筋力強化、そのあとで動作パターンをつくる

筋力トレーニングをスポーツ動作に似せて行うべきではないと考えます。筋力トレーニングを動作に近づけて行っても、動きの方に重点が移ってしまい、トレーニングとしての強度が上がらず、結果としてパフォーマンスのためとしてはプレー動作には程遠い効果しか得られない中途半端なトレーニング内容になると考えています。アスリートの場合、最初はコレクティブエクササイズで身体のエラーの修正、ケガへのリスク管理を行ったうえでBIG3を中心としたウエイトトレーニングを行い筋力強化、そのあとで動作パターンをつくる競技特性の練習というのがしかるべき流れかと思います。

ファンダメンタル・ムーブメントの重要性

身体機能という側面は重視しますが、あくまで全体的な「身体機能」の向上を目指しています。コレクティブな動き、生まれながらにもつ身体機能(ファンダメンタル・ムーブメント)を確認することは、運動を行っていくうえでの可動性・安定性の獲得ができているかという評価項目で非常に重要な部分であり、これができていないとその後に行う筋力トレーニングを行うにあたり、最大限の効果を得るに至らない可能性を考えなくてはなりません。まずは「コレクティブエクササイズ」を行い、その上で高強度の負荷をかけてトレーニングを行っていく上で良いのではないかと考えています。

筋力の強化こそが最終的なパフォーマンスアップには必要不可欠な要素。

筋力だけ鍛えればいいというのはありえないですが、筋力の強化こそが、最終的なパフォーマンスアップには必要不可欠な要素であり、筋力強化なくしてはパフォーマンスの向上は期待できないと思います。適切な動きや機能を身につけるコレクティブエクササズとその後のストレングストレーニングを行うことで、より機能的でより強い身体を作ることが一番の機能強化にあたり、その「機能」=「ファンクション」を高めていくトレーニングを継続的に行っていくことこそがアスリートパフォーマンスの向上には求められます。

PAGE TOP