スライディング動作での外傷

スライディングとは、野球において、走者がベースに向かって足または手を先にして、体を倒して滑り込む動作です。
守備側の選手のタッチを避けたり、確実にベースに触れるために行う動作で滑り込みとも言います。

スライディング動作には、手を前方に伸ばしベースに向かって頭から滑り込むヘッドスライディングと足から行うストレートスライディング、フットスライディングなどがあります。

このスライディングは目標とする位置に早く到達する、または確実に停止するなどの目的で使用される技術なのですが、中でもヘッドスライディングは、危険を伴う技術であり、しばしば突き指、胸部や首の強打、守備の選手に手を踏まれる、守備の選手との接触、肩の脱臼などがあります。

またこの危険なヘッドスライディングに似た動作に、守備の時に頭から飛び込むようにしてボールを補給するダイビングキャッチがあります。

この動作でもしばしば突き指や肩の脱臼など野球選手にとって致命的な外傷につながることがあります。

中でも脱臼は再脱臼の恐れもあります。
再脱臼を防ぐために重要になるのが肩関節外転外旋位をさけることなのですが、投球時に肩関節は後期コッキング期から加速期において外転位での最大外旋位となり脱臼誘発しやすいポジションになります。
また投球の際、再脱臼の恐怖心が出て強く投げられない事も多くあります。

ヘッドスライディングやダイビングキャッチでの外傷のリスクを念頭において無駄なスライディングはできるだけ控えましょう。

関連記事

PAGE TOP