関与する筋肉の総量が最も多い股間節

股関節は大腿の付け根にある関節です。
骨盤の外側にある寛骨臼が半球状の大腿骨頭を包み込むように連結しています。
また、ほかの関節より体のやや深層にあります。

股関節は、肩関節と同じ球関節であるため、前後・左右・捻りの3次元方向に動かす事ができます。
ただし、関節構造や靭帯の結合がかたく、脱臼などを起こしにくいことが肩関節との大きな違いでもあり、さまざまな運動における下半身動作の起点として重要な役割を担っています。

特に、大腿を後方に振る股間節伸展の動作は、膝関節伸展動作と並んで極めて力の強い関節運動であり、立つ、歩くといった日常生活動作をはじめ、あらゆる動作で使われます。


股間節伸展を強化するヒップリフト

日常生活やスポーツを行う上で重要な股間節伸展の動きを強化してくれるお家でできるトレーニングを紹介致します。

①仰向けになり、イスか台に片脚を乗せ、かかとを支点にしてお尻を浮かします。

②かかとを支点にしてお尻を高く持ち上げます。

負荷が高いと感じた方は両脚でから始めましょう。
ぜひ、やってみてください!

関連記事

PAGE TOP