下肢の力をうまく使ってバネのある動きに

野球において下半身のトレーニングは大切です。

投球動作にしても打撃動作にしても、四肢を振り回す動作の動きはいずれも下肢の力で骨盤を回転させる動作から始まるからです。

動きの起点である骨盤・体幹の回転に続いて四肢を鞭のようにしならせて動作を行えば、動きの連鎖がスムーズに起こり大きな力を生むことができます。

この動きの連鎖を上手く行うために、「手打ち」や「手投げ」にならないためには、力発揮以前の局面で上肢が脱力しておく必要があります。

この上肢を脱力させるということはは、腕力に頼らないということです。

トレーニングをよく行っていて、筋肉に自信がある人ほど肩や腕に力が入りやすくなる傾向があります。

腕の力に自信がある分腕に力が入りやすくなるためです。

コツとしては骨盤の動きが動作の起点であることを意識し、はじめから拳を握りこまずに軽く握りましょう。

肩・腕の力を抜き、下半身の力で骨盤を回転させ力の伝達を上手に行い、パフォーマンス向上を目指しましょう。

関連記事

PAGE TOP